FXをおすすめしない理由

FXは始めにする投資として不向き

FX取引はハイリスク、ハイリターンと呼ばれています。これはレバレッジやロスカットがあるからなのですが、レバレッジを1倍に設定したら、それは現物取引いわゆる外貨預金と一緒です。もちろんFXでこれをする人は少なく何かしらレバレッジを上げて取引をするものだと思います。

それは当然ですが、手持ち資金が5万円しかなくてもレバレッジを20倍にすると100万円の資金を動かすことができます。しかし、元手は5万円で、100万円の値動きですから、多少の為替のズレで5万円くらいはすぐに動いてしまいます。

それがプラス方向に動けば大きな儲け、ハイリターンとなるのですが、これがマイナス方向に進めばすぐに手持ち資金はゼロとなりロスカットの対象となります。また、損失を確定できずにそのままにしておくとFX取引業者から追加の証拠金の請求というマージンコールを受け、投資した金額がゼロになりさらに請求されるというマイナスになることもあるのです。

株式投資と違って為替相場が上がっても下がってもそのときの買いポジションあるいは売りポジションによって利益が望めます。しかし、FXはレバレッジによってハイリターンを得ることと裏腹にハイリスクであることも認識しておくべきことです。

copyright(C)投資初心者はFXよりもバイナリーオプションの方が安全